6 湿生植物園 Botanical Garden

湿田の上に伸びる木製デッキは格好の散歩道になっており、そこでは湿生植物(ツリフネソウ、ミゾソバ、コガマ、オモダカ等)が観賞できます。木道を歩いて行くと小さな田んぼに出あいます。また、春の訪れと共にレンゲやナズナの咲く湿田の脇を流れる小川で 泳ぐ魚も見られます。湿生植物園は、弥生時代の水田跡と自然水を利用した湿田で、7,000平方メートルに稲作田ゾーン、湿生花園ゾーン、湿生樹林ゾーン、湿生野草ゾーン、梅林ゾーンの5つに区分しています。
  • ■湿生野草ゾーン
    このゾーンは、湿地や水辺を好む草花が四季折々に多く見られるゾーンです。湿生花園ゾーンと比べると花が小さかったり、目だたない花をつけるものが多いのですが、よく見るとエンコウソウ、キツリフネ、ツリフネソウなどが変わった形や色をした葉や花をつけています。
  • ■湿生樹林ゾーン
    このゾーンは、水辺を好むハンノキ、コブシ、ミズキなどの林です。そして、これら木々の下にも水湿地を好むチダケサシ、キツネノカミソリ、オドリコソウ、ヒトリシズカ、フタリシズカなどの多くの野草が早春から見ることができます。
  • ■湿生花園ゾーン
    このゾーンは、私たちがよく知っているハナショウブ、アヤメなどの美しい花の咲く植物がたくさん集められています。その他にはコバギボウシ、オモダカ、サワギキョウなどが見られます。これらの植物にはそれぞれ適する水深、水質、水温があります。そこでせきなどを使っていろいろな環境を作っています。
  • ■稲作田ゾーン
    このゾーンは弥生時代(今から約2千年前)、上の台地(現在の古代芝生広場付近)に住んでいた人々が、白樫などの木で作った を使って、この谷戸で稲を作っていたと思われます。ここでは5月頃に田植えが行われ、10月頃には頭を垂れた黄金色の稲を刈ります。毎年11月23日に行われる収穫感謝祭では、収穫したもち米で餅つき体験を行います。